旦那の犬好き

旦那は大の犬好きです。小さなころから犬や猫を飼っていたらしく、常に家には動物がいたそうです。わたしはハムスターや金魚、亀くらししか飼ったことがないので分かりませんが、子どもができなければペットとして犬か猫かミニブタを飼いたいと割と本気で言っています。わたしも犬を飼うことに関して憧れがあるのですが、しっかり躾ができるかわからないし、亡くなった時にとても悲しそうなので飼うことには反対なのです。

それでもペットショップに行けば必ず見てしまう種類の犬がいて、「ボストンテリア」と「まめしば」です。今は、さらに小さい「小豆しば」という小さな種類の柴犬もいるらしく、気になっています。

でも、我が家にはペットを飼う前に子どもが産まれてしまったので、当分ペットを飼うことはできなさそうです。それに、うちの子どもはペットショップでは犬や猫を「かわいい」というのですが、実物を触れる機会があった時には必ず「こわい!」と泣いてしまいます。なので、我が家で犬や猫を飼うことは難しいと思うのですが、夫は果敢にも子どもと動物を触れ合わせようと機会を作っては失敗しています。ペット輸送

水族館も苦手な子どもなので、わざわざ水族館に行くために遠出をして泊りがけの旅に出たのに、とても残念でした。水族館では泣きわめき、大きなエイが目の前を通って行ったときには「こわいよ!」と言ってわたしにしがみついていました。まだ小さい子どもなので仕方ないとは思いますが、動物好きになってほしいわたしと夫です。